任意整理の内容

任意整理とは債務整理のひとつの方法で、その言葉のとおり「任意」で、つまり裁判所などの公的機関を通さずに、債務者(普通は弁護士等債務者の代理人)が貸金業者など債権者との間で、利息や毎月の支払いを減らしてもらえるように交渉して債務を整理することです。
自己破産の場合のように裁判所に提出する書類を用意していただく必要はなく、すべての債務整理手続きの中で最もよく利用されている方法です。

例えば、利息制限法の上限金利(15~20%)を超える金利の借入金がある場合には、よくこの任意整理の手続きが取られます。
このような借入金は、取引開始時にさかのぼって金利を利息制限法の上限金利まで引き下げて利息を再計算(引き直し計算)し、過去に払い過ぎている利息を元本に充当して、借金の金額を減らします。
そのうえで金利の減免についても交渉し、元本のみを3年程度の分割で返済する内容の和解契約を貸金業者と結び、以後この和解内容に従って返済を続けます。

この任意整理では、自己破産や民事再生など他の負債整理にあるデメリットを避けながらも、上記の引き直し計算や金利の減免等により、そのまま返済を続ける場合に比べて、実際に返済する金額は相当減額されます。特に元本が減額されたうえ、その元本を分割して支払えばよいということになれば、月々の返済の負担も大幅に減り、また、場合によっては過払い金が発生し、既に支払ったお金が手元に戻ることもあります。任意整理は債務整理の効果が大きいといえます。

■関連サイト
債務整理の手段や方法など借金返済に関する相談が出来る事務所のサイトです →→→ 債務整理